社会福祉法人横浜市社会事業協会

個人情報に関する基本方針

平成22年4月1日

1 基本方針
 社会福祉法人横浜市社会事業協会は、当法人が扱う個人情報の重要性を認識し、その適切な保護のために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報保護に関する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、利用者の個人情報の保護を図ることを宣言します。

2 個人情報の適切な収集、利用、提供の実施
(1)個人情報の取得に際して、利用目的を特定して通知または公表し、利用目的に従って適切に個人情報の収集、利用、提供を行います。
(2)個人情報の収集、利用、提供にあたっては、本人の同意を得ます。
(3)個人情報の紛失、漏洩、改ざん及び不正なアクセス等のリスクに対して、必要な安全対策、予防措置等を講じて適切な管理を行います。

3 安全性確保の実践
(1)当法人は、個人情報保護の取組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報保護に関する規程類を明確にし、必要な教育を行います。
(2)個人情報保護の取組みが適切に実施されるよう、必要に応じ評価・見直しを行い、継続的な改善に努めます。

4 個人情報保護に関するお問い合わせ窓口
 当法人が保有する個人情報についての利用者ご本人からのご質問やお問い合わせ、あるいは、開示、訂正、削除、利用停止等の依頼については、次の窓口でお受けします。

横浜市保土ヶ谷区生活支援センター
受付担当者  米津 剛

社会福祉法人横浜市社会事業協会
理事長  橋 勉




横浜市保土ヶ谷区生活支援センター個人情報の利用について

横浜市保土ヶ谷区生活支援センターでは、ご利用者様の皆様に関係する個人情報について下記の目的で取得し利用します。その取り扱いには万全の体制で取り組みます。なお、ご質問などがございましたら担当窓口にお問い合わせ下さい。

ご利用者の皆様に関する個人情報の利用目的は次の通りです。

○ 事業所内での利用

@ 施設のご利用者の皆様に提供する各種サービス
A 施設のご利用者の皆様にかかわる事業所内の運営管理業務(利用開始・停止の管理、各種サービスの利用、会計・経理、事故等の報告、生活支援センターサービスの向上の維持・改善の基礎資料、職員研修等の基礎資料)

○ 他事業者等への情報提供を伴う利用

@ ご利用者の皆様に提供する生活支援センターサービスの内、他事業者ならびに医療機関との連携(各種サービス担当者会議、照会への回答、医療機関への受診等心身の状況説明)
A 損害賠償保険に関する保険会社等への相談または届出等

なお、これらの利用をする場合は、本人の同意の確認の上で行います。

○ その他

@ 精神保健福祉実習(学生等への実習)・ヘルパー実習等への協力
A 法令の規程に基づいた利用、または提供

施設名  (社福)横浜市社会事業協会
横浜市保土ヶ谷区生活支援センター
所 長  米津 剛